性病の一つカンジダ症の症状とは

性病の一つカンジタ症は、膣内の常在菌であるカンジダという真菌が、性器に感染して生じる感染症です。
特に、女性の性器に感染する性病で、その場合は「カンジダ腟炎」「腟カンジダ症」と呼ばれます。
カンジダ症の症状について、ご紹介します。
まず、強い痒みを伴います。
白いドロッとしたようなおりもの、あるいは例えるなら、酒粕・カッテージチーズ・ヨーグルト・豆腐くずのようなおりものがあります。
また、腟口や陰唇、亀頭などの外陰部が真っ赤に炎症するといった症状があります。

腟カンジダは、女性の5人に1人が感染するといわれているポピュラーな病気です。
膣内は、乳酸菌によって酸性に保たれているために、他の菌が繁殖しずらい環境となっています。
しかし、疲れやストレスによる免疫力の低下や、妊娠や抗生物質の使用により、常在菌のバランスが崩れることが原因で、カンジだ菌は増殖します。
再発率が高い病気なので、痒みを我慢しないで早めに受診されることをおすすめします。

次に「アジー」について、ご紹介します。
アジーとは、性器クラミジア、淋病治療の抗生物質「ジスロマック」のジェネリック医薬品です。
マクロライド系の抗生物質で、要するにジスロマックと同じ効力を持つ、値段の安い抗生物質です。
アジーが静菌や殺菌作用を発揮する細菌はたくさんあるために、性感染症以外にも肺炎や肺炎球菌による中耳炎など、さまざまな病気に適応することができます。

ちなみにアジーは、病院で処方してもらう以外にも、通販サイトでも購入することができます。
通院の時間がない方など、通販サイトでの購入が便利です。
アジーを扱っているサイトはたくさんあるので、信頼性や値段、口コミなどを比較しつつ、利用するサイトを選びましょう。

■参考サイト
包茎手術は淋病予防にも有効です【福岡ノーストクリニック】